元気王

勃起不全(ED)や精力低下の原因と精力剤の効果について

勃起不全(ED)や精力低下の原因と精力剤の効果について

勃起不全(ED)や精力の低下に悩む男性は決して少なくありません。

年齢に問わず精力低下に悩む男性は誰にも相談することが出来ず、一人で悩みを抱えているという方もいるでしょう。

特に勃起不全(ED)の場合は、性行為に及びながらも途中や初めから男性器が勃起せずに女性と気まずい関係になってしまうことや、自信を無くして女性との距離を置くという選択をする方もいるでしょう。

そんな勃起不全(ED)や精力低下に悩む世の男性の皆さまに、EDや精力低下の違いや、巷で販売されている精力剤などがそれぞれ効くのか、どのような治療法があるのかなどをここではご紹介していきます。

EDや精力低下に精力剤は効くのか?

EDや精力低下には精力剤の効果はあるのでしょうか。

そもそも、EDや精力低下は同じような感じの捉え方をしている方も多いと思いますが、EDと精力低下は違うものです。

ざっくりとお伝えすると、EDは勃起不全や勃起障害などと言われ、男性器の勃起機能を低下するという病気です。

それに対し精力低下というものは、性欲低下という意味や、肉体的な疲れなどの精力低下という意味を持ち、勃起そのものの機能が低下している現象ではなく、性行為に及ぶ体力が無くなってしまうことや、精神的な疲れから元気が出ないことなどを表します。

そのため、EDと精力低下では原因と改善方法、または治療法が異なり、一概に精力剤が効くとは言えません。

もっとハッキリとお伝えすると、EDの場合は精力剤による治療法として効果が認められたケースはありません。

では、EDと精力低下ではどのような原因や治療法があるのか、細かく見ていきましょう。

EDとは

EDとは、勃起障害や勃起不全という男性器が性交時に思うように勃起せず、性行為が行えない状態や継続した勃起が出来ない状態となる病気で、年齢に問わず男性であれば誰でもなりえる病気となります。

性行為のときに思うように勃起してくれない、勃起を維持できない、中折れをしてしまう。そのような症状が一つでも当てはまる場合は、EDの疑いがあると思って良いでしょう。

EDの原因

EDの原因は大きく分けて3つあります。

それは、「心理的なストレスによるED」「加齢によるED」「生活習慣によるED」「薬剤によるED」です。

それぞれ細かく見ていきましょう。

心理的なストレスによるED

EDの原因の一つに心理的または精神的なストレスによるものが挙げられます。

これは、日常生活によるストレスが原因になっていることや、性行為そのものにストレスがある場合などがあり、それ以外にも幼少期のトラウマや女性への恐怖感なども心理的なストレスに含まれます。

例えば、日常生活によるストレスでは、仕事やプライベートでの人間関係や、忙しさからくるストレスなどが当てはまり、幼少期のトラウマや女性への恐怖感などは過去に性行為をする際に女性からショックを受けるような言葉を言われたり、幼少期の頃に親の性行為を見てしまったりすることがトラウマとなってストレスになっているケースがあります。

加齢によるED

人間のどのような機能においても、歳を重ねるごとに機能が低下していくことは自然なことです。

120歳になっても足腰が丈夫で元気に走り回っている方がいないように、勃起の機能も人間の機能の一部となるため、いつかはその機能が低下していくものです。

しかし、加齢とともに低下していくのにはそれぞれ個人ごとに差があり、速い人もいれば遅い人もいるでしょう。

加齢による低下は防げないものではありますが、進行を遅らせることは現在の治療に置いて可能なようです。

生活習慣によるED

運動不足やアルコールの摂取、喫煙や太りすぎなど、生活習慣が原因となるEDもあります。

勃起は血液の流れが大きく関係しており、この血液の流れがうまく進まないことでEDになることもあり、生活習慣が血液の流れを悪くしているのもEDの原因の一つにあります。

薬剤によるED

ED以外の治療をしている中で、処方されている薬の中に、EDを引き起こす原因となる薬剤がある場合もあります。

もちろん、そのような場合は医師から説明が事前にあり、副作用などについて伝えられていることが当たり前ですが、説明をしっかり聞かずにEDの症状になり、原因がわからず悩む方もいらっしゃるのではないでしょうか。

処方されている薬にそのような副作用が無いか確認してみると良いでしょう。

EDを治す方法は

EDを治す方法はどのようなものがあるのでしょうか。

方法は様々ですが、その中でも代表的な方法をご紹介していきます。

通院

一つ目の方法は「通院」です。

EDは精力低下などの現象とは違い「病気」です。

そのため、専門の病院に通院し、専門的な治療を受けることが良いと言われており、病院に通院することで処方箋が出され、EDに効く治療薬を処方してもらうことが可能です。

しかし、EDの原因は様々なため、人によって治療薬も異なり必ず効果があるとは言い切れません。

有酸素運動

EDの原因の一つに筋力の低下や運動不足などの生活習慣によるものがあります。

筋力の低下や運動不足などが原因の場合は有酸素運動が効果的です。

有酸素運動を含めた運動は筋力の向上を促すとともに運動不足解消やダイエットの効果もあり、EDの治療以外にもメリットがあります。

また、精神的なストレスの場合にも運動をすることでストレス発散になり、EDの改善の効果にもつながるケースがあるでしょう。

禁煙やアルコール

喫煙者や過度なアルコール摂取をすることが多い方は、禁煙やアルコールを控えることによるEDの治療もあります。

EDの原因の一つに生活習慣によるものがあり、その中には喫煙やアルコール摂取なども含まれます。

特に喫煙はED以外にも体の様々な病気につながるものの一つとなっているため、EDの治療だけではなく体を健康にする対策として、禁煙をすることが良いでしょう。

また、喫煙やアルコール摂取をすることでストレス解消をしているという方は、体を壊す原因となる喫煙やアルコールでストレスを発散せずに、運動などによるストレス発散に切り替えることでEDの解消や健康的な体作りの一歩となるでしょう。

ストレス解消

EDの原因の一つに心理的なストレスによるものがあります。

心理的なストレスの中には幼少期のトラウマや女性への恐怖心などがありますが、それ以外に日常的なストレスや仕事などによる疲れが原因となる場合もあります。

こういった原因の場合には、ストレス解消が効果的で、日ごろ抱えるストレスを解消することによりEDを解消していく治療の一つになるでしょう。

普段からストレスを抱えている人は、ストレスの原因が何かを追求し、そのストレスを解消するもしくは未然に防ぐために出来ることを考えてみると良いでしょう。

性行為の工夫

EDの原因中には、性行為中のパートナーの言葉であったり、性行為そのものの雰囲気が苦手で勃起不全となったりするケースもあります。

その場合、性行為を普段とは違う流れにしてみたり、時間をあえて長くかけて行ってみたりすることで解消されるケースがあります。

特に、過去に性行為中にパートナーから傷つくような言葉を言われた場合には性行為中にトラウマが蘇り、勃起不全となってしまう場合があります。

心理的な物の一つではありますが、性行為を工夫することで解消されるケースもあります。

精力低下とは

精力低下とはEDのような勃起障害ではなく、性欲低下を含む性行為への積極性が低下することや肉体的・精神的に元気がなくなり、何事にもやる気が起きなかったり、なんとなくだるかったりすることを指します。

ただ、一般的には精力低下というと、性行為への意欲低下として利用されることが多いでしょう。

精力低下の原因

精力低下の原因には様々ありますが、ここでは精力低下=性欲低下という捉え方でご説明していきます。

加齢

EDと同じように精力減退の原因の一つに加齢があります。

誰でも歳を重ねると様々な機能が低下してきますが、体力の低下と供に性行為への意欲が薄れていくケースや、勃起そのものの機能が低下していくこともあります。

原因の一つには精巣の委縮によるものや、男性ホルモンの減少によるものなどありますが、歳を重ねるごとにそれらの機能が低下していくことは明らかです。

筋力の低下

加齢が原因となっていることがありますが、筋力の低下による精力低下が挙げられます。

加齢以外でも運動不足による筋力低下なども原因となり、デスクワークなどが多い仕事の場合には日ごろから運動不足になり筋肉を使うことが無くなり、結果筋力低下につながっていることもあります。

筋力が低下した場合のケースは日ごろから運動することを心掛けると良いでしょう。

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れも精力低下につながる原因となりえます。

例えば、睡眠不足が続いている・お酒を飲む機会が多い・暴飲暴食が多いなど、生活習慣の乱れから精力低下につながっているケースもあり、なんとなくだるい感じが続くことや体力の低下を感じる場合もあるでしょう。

男性ホルモンの減少

加齢が原因となっている場合もありますが、男性ホルモンの減少が原因となっているケースがあります。

男性ホルモンの量は人それぞれ違いますが、元々少ない人もいれば多い人もいて、加齢とともに減少するものの一つとなっています。

特に、男性更年期などの時期には男性ホルモンの減少が原因で体調不良になるケースもあります。

ただの体調不良だけではなく、男性ホルモンの低下により性欲がなくなったり、性行為そのものがおっくうに感じたりするケースもあるでしょう。

病気や事故

病気や事故によって精力低下につながるケースもあります。

スポーツなどによる事故で勃起を引き起こす中枢神経や血管が損傷し、勃起そのものが出来なくなり、勃起不全や勃起障害を起こしている場合、性欲そのものは感じたとしても、勃起障害により性行為が難しく、結果精力低下を引き起こす場合もあります。

また、病気によっても精力低下を引き起こすケースがあり、特に糖尿病や高血圧などの病気によって血液の循環が悪くなり、体調不良を起こしたり、勃起障害を引き起こしたりするケースもあります。

こうした病気や事故による精力低下は病気が直接の原因になっていないケースもありますが、複合的に精力低下に結びつくものとして考えられる場合もあるでしょう。

精力低下に効くもの

このような精力低下にはどういった治療や対処法があるのでしょうか。

ここからは精力低下に効くものの種類をご紹介していきます。

精力剤

精力低下に効くものの一つとして精力剤があります。

精力剤には様々な種類があり、薬局やコンビニなどでも買える精力剤が出ており、その精力剤ひとつひとつには様々な成分が含まれています。

ここでは、精力剤について、細かく見ていきましょう。

強壮剤

強壮剤とは、精力低下だけではなく体力低下や疲労などにより体がだるいと感じたり、疲れが取れないと感じたりするときに疲労回復や新陳代謝の改善など、体全体を総合的に回復・向上することを目的としたもので、主に漢方薬やサプリメントなどとして販売されています。

体全体を総合的に回復・向上することにより、結果男性機能も回復し、精力向上を促す役目も果たすことになります。

こちらは医薬部外品のものが多く、コンビニやドラッグストアで購入することが出来るため、手軽に利用することが出来るものです。

強精剤

強精剤は、強壮剤とは違い、医薬品であるものが多く、医薬品のため医師による処方が必要となります。

主な効果としては、勃起障害などの場合には勃起を引き起こすことで性欲を向上させたり、更年期障害の場合には体全体を向上させたりすると言われており、ホルモンの調整により精力向上を促すものとされています。

強精剤を服用する際には、医師の診断や処方が必要となりますが、副作用もあるため、医師と相談したうえで利用すると良いでしょう。

勃起薬

勃起薬は、その名の通り勃起を引き起こすことを目的としたもので、こちらは治療薬として利用されているため、医師による診断、処方が必要です。

具体的には「バイアグラ」などが有名ですが、その他にもシリアスやレビトラなどの医薬品があります。

勃起薬は体全体を回復するような効果はありませんが、勃起不全や勃起障害などを起こしている方は、勃起を引き起こすことにより精力向上、性欲回復につながり、性行為への意欲も強くなることでしょう。

食べ物

精力低下には精力剤以外にも食べ物による改善が出来ると言われています。

その種類としては、以下のような食べ物が挙げられます。

アボカド

男性ホルモンの分泌を促進させる要素として、ビタミンEがありますが、アボカドにはビタミンEが多く含まれており、アボカドを食べることで精力向上が見込めると言われています。

ショウガ

ショウガは風邪の時などにも生姜湯として利用されることが多いくらいパワーフードとなっており、その要素としては、血液の循環を良くするというもので、ジンゲロールという成分が血行促進すると言われています。

カキ

精力向上の要因となる成分の一つに「亜鉛」が含まれていますが、カキには多くの亜鉛が含まれており、結果精力向上につながると言われています。

ニラ

ニラには精力向上につながる亜鉛やビタミンEが含まれており、精力向上につながる食材として認知されています。

納豆

納豆にはナットウキナーゼという成分が含まれており、これは血液凝固を促進するビタミンK2というものを除去すると言われています。その結果、血液の循環が良くなり精力向上にもつながると言われています。

ニンニク

ニラやカキのように多くの亜鉛を含み、精力向上につながると言われています。

ニンニクと聞いただけで元気になるイメージがある方も多いのではないでしょうか。

レバー

鉄分や亜鉛を多く含むレバーも精力向上につながる食品と言われています。

レバニラなどはまさに精力向上につながる食べ物と言えるでしょう。

すっぽん

精力向上と聞くと、食材の代表的な例としてすっぽんをイメージされる方も多いでしょう。

すっぽんには亜鉛や必須アミノ酸、アルギニンなどが多く含まれており、精力向上の代表的な食材として認知されています

 

上記以外にもありますが、代表的なものとしてはこのような食品が挙げられ、逆に、精力低下を引き起こすと言われている食べ物は以下のような食べ物です。

アルコール

アルコールを飲んだ後はセックスがうまくいかない、勃起しないなどの症状が出た方も少なくないでしょう。

アルコールを多量に摂取すると勃起機能が低下すると言われています。

飲みすぎには注意しましょう。

乳製品

乳製品の摂りすぎも良くないと言われています。

乳製品を摂りすぎると体のだるさを感じてしまうことがあり、直接の勃起障害には繋がりませんが、精力低下という部分においては要因の一つになりえます。

 

このように、精力低下には食べ物による改善も見込めますが、逆に精力低下につながるものもありますので、注意してください。

精力剤の主成分について

精力剤による精力向上を行う場合には、その中に含まれている成分がどのようなものか知っておくと良いでしょう。

どのような精力剤にもいまでは成分が明記されているため、自分で確認することも出来るようになっています。

メチルテストステロン

メチルテストステロンとは、男性ホルモンを補う成分です。男性の男子性腺機能不全や不妊治療に利用されることもあり、男性ホルモンの低下による身体的な低下や精神的な低下にも効果があると言われています。

アルギニン

アルギニンはアミノ酸の一つで、人間の体内でも作り出せるものですが、体内から創り出すアルギニンは量が少なく、必須アミノ酸と同じように食べ物などから摂取すると良いと言われています。

ただし、食べ物から摂取する量も限られているため、アルギニンを含む精力剤が多く出されています。

タウリン

タウリンは、滋養強壮剤などで良く聞く言葉だと思いますが、含硫アミノ酸様化合物の一つとなっており、肝臓の解毒能力を強化する働きや、血圧を保ち高血圧などを防ぐ役割があると言われています。

マカ

マカは精力剤の中でも有名な成分の一つですが、必須栄養素を多く含んだ植物で、南米のペルーに植生しており、鉄分やたんぱく質、亜鉛、アミノ酸を含んだ栄養価の高い植物となります。

男性ホルモンの向上や更年期障害の改善などが注目され人気のある成分の一つとなっています。

亜鉛

亜鉛は既に体内に存在している成分ですが、肝臓や腎臓などに存在します。

主な役割としては、タンパク質の合成に必要な材料となっており、新陳代謝やエネルギー代謝、免疫反応の向上など人間か生きていくためには必要な機能を向上してくれる役割があると言われており、その中の一つには生殖機能の改善という部分もあります。

精子をつくり出すためには亜鉛が必要とされており、亜鉛を摂取することで男性機能の向上にもつながると言われています。

クラチャイダム

クラチャイダムは、東南アジアが原産となるショウガ科のバンウコン属の多年草でクラチャイダムを利用したサプリメントなどが人気を呼んでいます。

黒ショウガや黒ウコンとも呼ばれており、成分の中にはアルギニン、アスパラギン酸、BCAAなどのアミノ酸、フラボノイドやアスパラギン酸などが含まれています。

シトルリン

遊離アミノ酸のひとつで、血管の拡張作用により血流の向上などがあると言われており、精力向上の作用があると言われています。

トンカットアリ

トンカットアリは東南アジアのジャングルに自生するハーブの一種で、古くから滋養に役立つと言われている植物のひとつとなります。

 

このように、精力剤には様々な成分が含まれており、多くは海外の植物を元にした成分となっています。

よく聞く名前の成分以外にも精力剤には様々な成分が含まれているため、薬局やコンビニなどで購入する際には自分自身の目でもどのような成分が含まれているのか、確認をしてみると良いでしょう。

精力剤の効果について

精力剤にはどのような効果があるのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

性欲の向上

精力剤にも様々な種類がありますが、血液の循環を良くする成分が含まれている精力剤などを服用することで体内の血流が良くなり、男性器への血液循環が良くなることで勃起障害の改善につながる作用もあると言われています。

その結果、性欲の向上にもつながる場合があるでしょう。

勃起障害の改善

バイアグラ、シアリスなどの勃起薬には勃起障害の改善が見込めます。

勃起障害が改善されることにより性行為がスムーズに行え、自信を取り戻すことが出来るきっかけに繋がることもあるでしょう。

精液の量の改善

精液の量は人それぞれ違い、個人差がありますが、精液を創り出す亜鉛やセレンと言った成分が精力剤には含まれており、それらを摂取することで精子をつくりだす機能が向上し、結果的に精液の量が多くなると言われています。

ただし、日常生活において食生活の改善などを行わなければ根本的な解決にはならない場合もあります。

早漏の改善

男性器の勃起の力が弱いと、感受性が高まり射精が速くなると言われています。

一般的には射精が2分以内になると早漏と言われており、早漏の原因の一つに勃起力の低下が挙げられています。

この勃起力を改善するための精力剤の服用により、勃起力が向上し、結果的に早漏が改善されるというケースもあります。

精力向上

性欲だけではなく体のだるさや心身疲労などにも効果があると言われており、日ごろの疲れなどが溜まっている場合には精力剤による回復を試してみることも良いでしょう。

 

このように、精力剤には様々な効果があると言われています。

しかし、全ての人に同様の効果があるとは限らないため、医師などと相談し色々な治療法や精力剤を試してみることが良いでしょう。

精力剤をお探しの方へ
精力減退に効く!おすすめの精力剤3選

EDと精力低下の違い

ここまで、EDや精力低下についてご紹介してきましたが、一般的には精力低下と聞くと性欲低下と認識されていますが、精力低下は性欲の低下だけではなく、体の不調や体のだるさなども含まれており、その結果性欲低下にもつながるようです。

そして、一方EDというのは勃起障害という病気で、原因は様々ですが、精力低下というわけではなく勃起障害により性行為が不可能、もしくは性行為が思うようにいかなくなることで、結果的に性欲低下、そして精力低下ということになるケースもあるようです。

EDと精力低下では、改善するための治療法や改善方法が異なるため、自分の症状に合った改善方法や治療法を試すことが必要です。

女性向けの精力剤について

ここまで、男性用の精力剤についてご紹介してきましたが、女性用の精力剤も世の中には存在するのでしょうか?

回答としては、存在します。

しかし、女性向けの精力剤は男性向けほど一般的には販売されておりません。

それは、女性は男性のように勃起障害などが無いため、治療薬としては需要が少ないものですが、同じように精力低下になる女性もいるでしょう。

そういった方は女性専用の精力剤ではなくても、男性向けに作られている強精剤や強壮剤も女性が服用して良いケースが多いため、医師やドラッグストアなどに相談して服用してみることも良いでしょう。

しかし、媚薬と言われる女性の性欲向上を促す薬には人それぞれ効果も違うため、間違いなく効くというものではありませんので注意してください。

勃起不全(ED)や精力低下の原因と精力剤についてまとめ

ここまで、勃起不全や精力低下の原因と精力剤の効果などについてご紹介してきました。

勃起不全(ED)と精力低下はそもそも意味合いが違い、勃起不全(ED)は治療が必要で、精力低下には医師による治療以外にも精力剤や食べ物による改善が出来るということがわかりました。

また、精力剤の中には様々な成分が含まれ、それぞれ精力向上を助ける役目があります。

現在、精力低下や勃起障害などに悩んでいる男性の方は、是非一人で悩まずに出来ることから行って改善を進めていくと良いでしょう。

日ごろの生活改善や、医師による診断、処方、精力剤の利用や食べ物の改善など出来ることは人それぞれ違いますが、改善のために一つずつ試してみてください。

男性としての自信を取り戻すためにも性生活を豊かなものにしてください。

精力剤ランキング

精力剤ランキング